本文へスキップ

馬関連の書籍・DVDなど

馬・競馬関連の定番・おすすめ書籍を紹介します。

色々たくさん読んだりしている一部を紹介します。
※随時更新
2017/10/1

競馬・馬の本・書籍(定番・おすすめ)  更新:2017/10/1

お知らせ


覚えておきたい日本の牝系100 (競馬道OnLine新書)
 
競馬の世界史 - サラブレッド誕生から21世紀の凱旋門賞まで (中公新書)
 
サラブレッドと暮らしています。 (ヤングアニマルコミックス)
 
名馬を読む
覚えておきたい日本の牝系100
2016年刊
著者:平出貴昭


日本の競馬で活躍してきた100の牝系を新書版でわかりやすく紹介した本です。
持ち運べる大きさでこの情報量はすごいです。


 
競馬の世界史
2016年刊
著者:本村 凌二
 

馬の歴史をざっと学ぶのに最適。私の場合自分に関係ある馬の血統だけ先に血統表を見たり調べたりしていたので、「あ!あの血統表の馬はこういうことだったのか!」と知識の補完ができました。2016年刊なので情報も新しいです。
 

サラブレッドと暮らしています。
2016年刊
著者:田村正一

現役厩務員(園田)の著者が描いた競馬コミックです自分の馬も園田に入厩していたこともあり、思い入れが。。
厩務員でこんなにマンガがうまいなんてすごいです!驚愕
イラスト的にもかわいいです
 
名馬を読む
2017年刊
著者:江面弘也
JRA顕彰馬32頭の蹄跡と、
それを支えた人びとの物語。


日本の名馬の歴史がよくわかります。自分の知らない時代の競馬をダイジェスト的に俯瞰できる入門書としてもGOOD。
 
 



馬を巡る旅
 
競馬感性の法則 (小学館新書)
 
還暦ジョッキー がむしゃらに、諦めない
 
馬券に活かすサラブレッド父系入門 (エンターブレインムック)
 
馬を巡る旅
2016年刊
著者:小檜山悟 
JRAの現役調教師・
小桧山悟氏による著書。

日本の競馬の歴史は
過去連綿と続いてきた馬産や調教や乗馬技術の歴史と無関係ではないんだと
改めてロマンを感じる力作。
週刊競馬ブックで連載中。
競馬感性の法則
2017年刊
著者:角居勝彦
ウオッカ、ヴィクトワールピサ
など開業15年でJRA通算600勝
を達成、実力派調教師が語り尽くす
競馬の真髄
レースそれぞれが持つ意味や
戦い方はもちろん、トライアルから
条件戦、新馬戦、未勝利戦まで、
馬を使う側の戦略とレースに向かう
準備を詳細に解説。
還暦ジョッキー
2017年刊
著者:的場文男
還暦を過ぎてなお大井競馬のトップジョッキーとして活躍しているレジェンド・的場文男騎手の著書。
馬券に活かすサラブレッド父系入門
2017年刊

血統のエキスパートが執筆陣に。現在の父系について学べる好著。